【子供の鼻吸い器のおすすめはコレ】中耳炎になって据え置き型買いました。

子供の鼻吸い器 子育て

こんにちは。SACHIです。現在1歳3ヶ月の娘(第一子)の子育て中です。
今まで鼻吸い器迷子だったのですが中耳炎になったことがきっかけで、
ついに電動タイプを購入したので、それぞれの特徴や使用感をまとめます。
今鼻吸い器で迷われている方の参考になれば嬉しいです。

娘の鼻事情

3月生まれの娘は初めての秋を迎えた生後7ヶ月ごろから鼻水がひどくなりました。
私の主観としては、自分が鼻炎持ちだったこともあり、「こんなもんだろ」とおもっていたので、
周りや保育園の先生に「鼻水がひどい」と言われて「そんなものか・・・?」と内心思っていました。

この頃使っていたのは手動吸引タイプ

二人子供を産んでいる先輩ママである妹から、「もう使わないからよかったらどうぞ」といって、お下がりの鼻吸い器をくれた。それがこちら。

正直この時期は、鼻水を吸う重要性がわかってなかったので、
一度試しましたが気が進まず、あまり使いませんでした。

2代目:手動スポイトタイプ

しかし秋が深まるとともに娘の鼻水事情は悪化。小児科や耳鼻科で処方された薬を飲みましたがあまり改善されませんでいた。
もっぱらティッシュで撮り続けていましたが限界を感じ、やっとこさこちらを購入。


確かに、初代よりは取れる。しかしそこまで「取れたー!!!」感はなく、ティッシュで拭き取るよりマシかな?という感じでした。

中耳炎になって、ついに据え置き型電動タイプを購入

時はすぎて、1歳をすぎた初夏、2週間程ぐずぐずと風邪を引いて、熱が下がったと思ったら上がり、保育園休み、のサイクルを繰り返していた時。
解熱後に咳と鼻水がなかなか止まらず、ついに耳鼻科受診を決めました。
実家に泊まっていたので、いつもと違う耳鼻科に行くと、
そこで初めて鼻水吸引を目の当たりにして、その素早さと吸引力に驚きました。

そして、先生の診断はさらに私を驚かせることに。

「あ、右耳中耳炎なってますね。痛がったりしませんでした?」

なにぃ〜…。子育て会では名の知れた病名、かの有名な「中耳炎」ってやつか。
先生「鼻水がたまっちゃってそれが中耳の方まできて、炎症が起きてしまっています。
切らなきゃいけないほどひどくないので、抗生剤出して様子を見ましょう。」となりました。

10日ほど抗生剤を飲んで治ったのですが、『ついに中耳炎になっちまった』という事実と、『あの病院で見た鼻吸うやつすごい』という心に刻まれた印象が重なって、
即電動式を調べました。

ネットで調べてわかるのは価格と仕様情報くらい。
吸引力や手入れのしやすさは実際にみてみないと想像がつきにくいな。。。と感じました。
ということで、近くのアカチャンホンポへ行って、比較して購入しました。

メルシーポットにした理由

2種類ほど商品が置いてあり、違いは吸引力の調整ができるか否かくらいでした。
私の性格上おそらくこまめに吸引力の調整は行わないだろうし、調整ができないメルシーポットでも十分威力はありそうだったので、こちらに決めました。

先端のノズルが変えられるのも購入ポイントでした。
ノズルを細いタイプ「ボンジュール」(名前がおもろい)にもチェンジできるとのことで、すぐ使いたかったので、
万が一鼻の穴が小さくで入らない=使えない、なんてことがないように、念の為ボンジュールも購入しました。
(いくら自分の娘でも鼻の穴の大きさまではわかりませんからね。)

阿鼻叫喚。めっちゃ嫌がる

鼻を吸うこと自体に慣れてない娘。体も大きく、力も強くなってきているので
暴れられたらちょいと危険。なので押さえつけて鼻を吸います。

股に娘の頭を挟み、両手を両足で押さえつけます。
これでひとまず動きは封じられます。

あとは精神統一して、ギャンギャン叫ばれながらも無心で鼻をとります。
鼻の穴に対して垂直になるような角度で、鼻の粘膜になるべくつけないように
鼻水スポットを探りながら取ると比較的スムーズに取れます。

メルシーポット良いところ

短時間でしっかり取れる

吸引力がしっかりしているので、短時間で取れるところです。
泣く時間も短時間になるのでその後の機嫌に影響も少なく、重宝しています。

中耳炎の予防

鼻水がたまって、結果中耳炎になり、発熱、となると本人もしんどいですし、
周りの大人が疲弊してしまいます。ひどくなる前にこまめに耳鼻科連れてって
とって貰えば良いのですが、なかなか忙しくて連れていけませんよね。

中耳炎になって拗らせ大変になることを考えたら、
この『予防』の手間の方が、個人的には何倍もマシです。
後で知ったのですが、家庭用の医療機器のようなスタンスの商品らしいです。

大人も使える

冒頭でも書きましたが、なにせ私も鼻炎もち。今年はついに鼻の粘膜をレーザーで焼く治療まで下、とにかく鼻水出る系の人生です。
なので自分がひどい時は利用ができるのでお得だなあと思っています。

何度でも使える

薬と違うので、何度でも使ってOKです。朝晩お風呂上がりなど、気になるズビに即対応できます。
※ただし5秒以上は吸い続けないなど、注意書きがあるので気をつけましょう。

新生児から使える

新生児から使えるらしいです。流石に鼻の穴小さいと思うので、「ボンジュール」のノズルを付け替えると良いと思います。私も書いましたが、娘の鼻の穴はもう十分大きかったです。
もし第二子を授かったとしたら、最初っからこれでガンガン吸おうと思います。

よくないところ

電源を入れると、結構機械音が大きいです。。最初ビビりますが、テンション高い子供の方がうるさいので、特に気になりません。

手入れ

使用後は洗って干す、確かにこの手間はかかります。あとは手動タイプに比べてどうしても場所を取ります。

価格

それなりに値段はするので、お子さんが鼻水タイプを見極めてから買っても遅くないと思います。
ネットで買ってもすぐ届きますし。大きくなるまで使えるし。

よくなところをあえてあげるとしたらこんなものでしょうか。私の体験談がお役に立てれば幸いです。

最後に

育児用品ってどこまで揃えて良いかわかりませんよね。私も色々試して、中耳炎になったことがきっかけになり電動タイプを購入しましたが、それまでは全く興味ありませんでした。もし鼻水結構ひどい系の赤ちゃんの場合は揃えておいても良いかも知れません。0〜3歳くらいが一番中耳炎になりやすいそうです。

コメント